風呂敷を楽しむ人集まれ〜

HOME   |   ふろしきの由来   |   ふろしき雑学   |   包むもの   |   包むもの2   |   サイトマップ   |  

生地

風呂敷は大きさや生地など様々です。袱紗にも使える大きさのものから、布団などを包む特大サイズのものまであり、用途に応じて生地も変わります。

絹は基本水に弱く、洗うと縮んでしまいますので、汚れやすい用途には向いていません。綿は手洗いができるので、普段使いに便利です。

縮む

紬のように節があり丈夫な織り方のシャンタンや、細かい模様を染めるのに適しているブロードなどがあります。
絹の風呂敷は、冠婚葬祭や改まった席で袱紗としても使えるので、ひとつは持っておきたいものです。

縮んだ表面の光沢が美しいちりめんは代名詞といわれるほどポピュラーな存在で、しわが目立たないので使いやすいものです。

素材

ちりめんよりも歴史が古いのが最高級素材の白山紬です。表面が平らで家紋を入れたりできるので、厳粛な式典ではこちらが多く使われます。最近の風呂敷の生地には、ポリエステルで作られたちりめんもあり、家庭で手軽に洗うことができるので人気があります。